元、片づけられない女子の、お片づけコラム。

片づけられない女子歴37年。
今から5年前に整理収納アドバイザー2級認定講座で「整理と収納」の方法を学びました。
それから、コツコツと、本当にコツコツと続けてきて、ようやく、モノに溢れた生活から抜け出せました。

そして今、片づけ好きになったのか?
いや、決して「片づけ好き」ではない。

「スッキリとキレイに片づいている空間が好き」なのだ。

今でも油断したら、私の周りはモノで溢れる。
でも、実家にいた時に比べて、溢れ方は変わった。

何が違うのかを考えてみた時に、分かったこと。

私が本当に欲しかったのは、
「お気に入りのモノに囲まれた、自分の空間」だったのだ。

実家にいた時、私の部屋には、私のモノではないモノが溢れていました。
正確にいうと、私の部屋の収納スペースに、他の家族のモノが入っていて、
私のモノを収納するスペースがわずかしかなかったのだ。
結果、私のモノは床に直置きされて、溢れていった。

でも、本当は私のモノを私の収納スペースに入れたかった。

結婚をして、夫婦2人で生活をはじめると、「自分だけの空間」というは無いことに気がづきました。
その代わり、自分と大切な人と一緒に暮らす「家」ができました。

大切な人と、一緒に過ごす、大切な空間である「家」

きっと、私はこれから大切な人と、長い年月をかけて、お気に入りの空間を作り上げる作業を続けていく。

片づけは、自分の理想の暮らしを手に入れるための、ひとつのツールでしかない。
でも、おろそかにしちゃいけない、大切なツール。