6月27日からスタートした、EvernoteMasterによる「スマホの中身公開!Blogリレー」 
本日は、ワタクシなおっちのオススメの便利なアプリをひとつ、ご紹介します。
 
 
元・汚部屋女子
今でも苦手な書類整理
お金の管理はもっと苦手
(笑)
 
 
そんな私も、一生しないと思っていた結婚をしたことで、嫌でも毎月の支出を気にしない訳にはいかなくなりました。
 
 
ところが、書類の整理が苦手な上、お金の管理はもっと苦手。
子供の頃から「おこづかい帳」なるものが続いたことがない…
 
 
そんな私が家計を管理をするのに、これだけは譲れない条件。
 
 
それは
 
 
「とにかく、ラクにできること!」
 
 
そんな私が家計を管理するために、使っているのが
「Dr.Wallet」のアプリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家計簿アプリは、「Dr.Wallet」以外にも
 
 
  • Zaim
  • マネーフォワードME
  • Moneytree(マネーツリー)
  • おカネレコ
  • OsidOri
  • 家計簿カケイ
  • レシーピ
など
意外とたくさんありますが、
トータルの「使いやすさ」を考えた時に、「どれがいいなか…」と悩んでしまいます。
 
 
そこで、私が家計簿アプリに求める機能を5つに絞ることにしました。
 
 
・無料で使える
・カメラでレシートを読み取れる
・ScanSnapと連動できる
・銀行口座、クレジットカードが連携できる
・ひと月の支出がひと目でわかる
 

1,無料で使える

基本的に、アプリは使えば使うほど、アップデートをしていきますし、次から次へと新しいアプリが出てきます。
使っていくうちに、「違う家計簿アプリに変えたいな…」と思った時に、有料プランで使っていると、解約手続きや、過去に登録した記録が見れなくなってしまうことが考えられます。
細く、ながーく、お付き合いできるようなアプリだと、他の家計簿アプリに乗り換えをしても、安心です。
 

2,カメラでレシートを読み取れる

「家計簿」というと、ひと月ごとに
食費
光熱費
消耗品費
住居費
遊興費
医療費
といった、項目ごとに集計しようとすると、細かく登録しないといけません。
 
 
 
特にドラッグストアに買い物に行くと、
調味料を買ったら→食費
洗剤を買ったら→消耗品費
お薬を買ったら→医療費
 
 
というように、一つのレシートの中に複数の項目が含まれていることがあるのです。
 
 
このような場合に、ひとつのレシートに書いてあるものを、細かく項目別にいちいち入力する…なんて
 
 
 
ちょー!めんどくさいー!!!
 
 
 
買い物を済ませて、お店を出たら、スマホのカメラで「パシャッ」と撮ってしまえば、家に帰るまでの間に、撮ったレシートのデータを読み込みしてくれるので、とってもラクちんです。
 
 
 

 

3,ScanSnapと連動できる

 
「スマホのカメラでレシートを撮る」
 
アプリを使い始めた最初は、「すごーい!これって、こんなに簡単に写真に撮ったら登録できるんだー!」と手軽に登録できるのがおもしろくて、こまめにカメラで撮ったりします。
 
ところが、ふた月目くらいになってくると
「レシートの文字がキレイに見えるようになってない!」というような、別の問題が出てきてしまって、カメラで撮ることがめんどくさくなってしまうのです。
 
 
それ以外にも、1回のお買い物で、何件もお店をはしごして買い物をすると、レシートを何枚ももらうので、それをいちいちカメラで撮る…ことがめんどくさく感じるようになるのです。
 
 
このような「めんどくさい」を解消するのに便利なのが、「ScanSnap」なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このように、読み取りたいレシートをセットして、送信先を「Dr.Wallet」にして、スタートボタンを押すと、スキャンをすると自動的にDr.Walletのアプリにも登録されるのです。
実は、Dr.WalletはScanSnapとの相性が一番いい家計簿アプリなんです。
 
 

4,銀行口座、クレジットカードが連携できる

お店で買い物したレシートを、撮影したり、スキャンしたりして、家計簿アプリに登録していきます。
そうすると、家計簿アプリから抜け落ちちゃう項目があるのです。
 
 
例えば、
・水道代や電気代のような、銀行の自動引き落としになっているモノ
・年会費やサブスクリプションサービスのクレジットカードの支払い
 
 
このような、銀行の入出金、クレジットカードの支払いを、その都度手入力とかしていては、結局めんどくさい病がでてしまって、家計簿が続かなくなってしまうのです。
 
 

5,ひと月の支出がひと目でわかる

 
家計を管理するときに、
「あ、昨年の6月は、食費っていくらだったのかな?」
そんなことを思った時に、手書きの家計簿だったら、、食費にいくらかかっているのかを調べたいとき、昨年の家計簿を引っ張り出さないといけません。
 
ところが、家計簿アプリを使っていれば、過去の調べたい項目を探すのも、アプリの中で遡ればいいので、いちいち昨年のほこりをかぶった家計簿を探す手間が省けるのです。
 
 
このアプリを使い始めて約1年。
お陰様で、3日坊主を卒業することができました。
私はレシートをカメラで撮るよりも、スキャンする方がラクなので、ScanSnapで読み取ることがほとんどですが、ScanSnapがない方でも、スマホのカメラを使って、かんたんにレシートの登録ができます。
 
 
家計簿アプリ「Dr.Wallet」を使って、みなさんも簡単に家計管理してみませんか?
 
 
アプリの使い方をもっと詳しく知りたい!と思った方
お一人お一人の使い方に合わせた内容を、デジタルプライベートレッスンで、お伝えしています。
(詳しくはコチラ
 
 
ご興味がございましたら、ぜひご利用ください。
 
 
明日、6月10日(日)は広島在住の桑田知沙美さんが登場されます。
ブログはコチラ
 
 
 
ちさみさんのオススメは何かなー。
明日の8時の更新をお楽しみに♪