台風が通過して、また夏の暑い日が戻ってきました。
そんな今日は、お片づけサービスの新規クライアント様のヒアリングにお伺いしてきました。

今回のご依頼は「お洋服の整理」。

ご家族のお洋服をリビングの隣にある和室にまとめていらっしゃるのですが、
部屋干しスペースも兼用となっているため、

・部屋干しした服
・乾燥機から出して戻す服
・オフシーズンの服
・処分する服

が入り乱れてしまい、奥様は「手に負えなくなってしまいました…」と
ご依頼の理由をお話ししてくださいました。

 

 

 

 

 

 

私もそうですが、「片づけが苦手な人」は
つい「あとでやろう…」と片づけることをあと回しにしてしまいがちです。

この「あとでやろう…」を繰り返していると
元に戻すための時間を作ろうと思った時に
自分が考えている以上に時間が必要となってしまって
自分では手が負えなくなってしまうのです。

今回の作業では、和室に溜まったお洋服を見直すだけでなく
他のお部屋に収納されているお洋服も含めて
生活動線に合わせて収納できるように見直しを進めることになりました。

今回は、クライアント様自身で「自分で出来るところは作業を進めていきます!」と意気込みを見せてくださったので、次回までに取り組んでいただく作業をお願いしました。

ミライ リフォームのお片づけサービスでは、基本作業は一緒に作業を進めていきますが、今回のお客様のように、作業の手順をお伝えすることで、自分で進められそうな方には、宿題をお出しすることもあります。

この宿題に取り組んでいただくことで、自分がどこでつまづいているのか、気づくことができるので、次の作業で改善方法をお伝えすることができるので、早く作業を進めることができるのです。

次回の作業では、お洋服の整理と和室の押入れを活かしたファミリークローゼット作りをしていきます。

 

 

 

 

 

ミライ リフォームのお片づけサービスは、一緒に作業を進めるだけではなく、クライアント様ご自身で作業を進めながら、要所要所で仕上がりチェックを行いながら進めていくことも出来ます。
作業の進め方で悩んでいる方は、ぜひご相談ください。